オリゴ糖 グリセミック指数

オリゴ糖は肥満予防にお役立ち!グリセミック指数(GI値)が砂糖の半分以下!

カイテキオリゴの公式サイトはこちら↓
カイテキオリゴ

オリゴ糖の健康効果をご存知ですか?
皆さん、腸内常在菌のエサになってくれて、腸内環境の改善に役立つということを期待して使い始める方が多いと思います。

 

もう一つ注目の健康効果があります。
グリセミック指数がお砂糖など、他の甘味料と比べて低いことで、肥満予防になるのです。もちろん血糖値を気にされる健康状態の方にも役立ちます。

 

この、グリセミック指数とは、GI値と呼ばれることもあります。
ブドウ糖摂取後の血糖値の上昇率を100とした時と比較して導き出された数値ですが、このグリセミック指数が低いほど血糖値が急激に上昇しない食品であることを示しています。

 

糖尿病の方は、治療のために急激な血糖値の上昇を避ける食事をしますから、このグリセミック指数の低い食品を上手に取り入れています。

 

血糖値の上昇が急激な場合、肥満に結びつきやすいと言われています。
いま、注目されている食べる順番ダイエットをご存知ですか?

 

野菜を先に食べて、お腹に食物繊維がある状態で食事を勧めたほうが、血糖値の上昇が緩やかになって、余分な脂肪がつきにくいということを利用したダイエット方法です。

 

空腹時に一気にグリセミック指数の高い食品を摂取すると急激に血糖値があがり、脂肪がつきやすいので、避けたほうが、肥満になりにくいということです。
このグリセミック指数に注目したダイエット方法も存在します。

 

食事で摂る食品を選ぶときに、このグリセミック指数に注目して、出来るだけ指数の低いものを選舞踊にするというものです。

 

同じ600キロカロリーを摂取しても、『メロンパンに缶コーヒー』よりも、『玄米と根菜の煮物』の方が太りにくいというのは、このグリセミック指数で説明がつきます。

 

ここで、甘味料としてオリゴ糖が注目です。
上白糖でのグリセミック指数が65なのに対して、ガラクトオリゴ糖では10程度です。

 

一般的にシロップ状のオリゴ糖は、ショ糖や乳糖、グリコースなどが混合されていますから、もう少し数値が上がりますが、それでも20〜30程です。
オリゴ糖は、腸の健康だけでなく肥満予防にも役立つんですね。

カイテキオリゴの公式サイトはこちら↓
カイテキオリゴ

関連ページ

ダイエットをきっかけにオリゴ糖を始めました。
オリゴ糖は便秘の改善だけでなく、ダイエットにも効果的。
体に良いオリゴ糖にデメリットは存在しないのか?
オリゴ糖には長期間の摂取によって、生活習慣病の予防にも改善にも繋がったという効果や、便秘が改善されたことにより、お肌がきれいになったといったような口コミも沢山あります。
オリゴ糖を飲み始めてお腹が張るのは善玉菌と悪玉菌の勢力争いによるもの
「オリゴ糖が体に良いのはわかっているけど、お腹が張るから嫌」だと言う方もいます。お腹が張るのは腸内にガスが溜まっている状態です。
オリゴ糖を飲んでお腹がゴロゴロ!これは腸からのメッセージです
オリゴ糖を初めて飲んだ方は最初にこう感じます。飲んで数時間、または翌日になるとお腹がゴロゴロする、あるいはおならが出るなどの症状に驚きます。
オリゴ糖はデトックスできるって本当?!
体の中に溜まってしまった有害物質を体内へ出すために行われるデトックス。
オリゴ糖の大さじ1のカロリーってどのくらい?
ダイエット中の女性がダイエットによる便秘を解消しようとオリゴ糖を始める時に、一番のネックはオリゴ糖のカロリーではないでしょうか。
オリゴ糖の凄いパワー!アトピーにも効果を発揮するって本当?
オリゴ糖は大変な優れもので、便秘の解消だけではなく、アトピーにも効果を発揮します。
オリゴ糖を2週間摂取すると確実に善玉菌が増加する
健康な腸は健康な体を作るとして改めて腸の働きが見直され、それによってオリゴ糖に注目が集まっています。
1歳の赤ちゃんの便秘にもオリゴ糖が効果的
母乳で育てた赤ちゃんも、1歳になる頃には離乳食になっています。
GI値の低いオリゴ糖で、ダイエット効果をサポート!砂糖と置き換えですっきり!
オリゴ糖の健康効果で注目したいのは、腸内環境の改善に役立つということと、GI値(グリセミック指数)が低いということです。